エクシオグループの企業理念

 「技術力を培う」「豊かさを求める」「社会に貢献する」というグループ理念は、「エクシオグループは何のために存在するか」という社会的な存在目的を明らかにしたものです。

 エクシオグループの最大の存在基盤は、技術力です。

どのように時代が変わっても、常により優れた技術、一歩進んだ技術を追い求め、それを自分たちのものにしていく企業集団を目ざしています。

そして、培った技術力は、人々のより豊かな生活環境をつくりだすために発揮されることが必要です。このことを通じて、社会により大きな貢献を果たし、社会から価値のある存在として認められる企業であり続けたいと考えています。

社名『サンクレックス』の由来

ラテン語から引用しています。
クレックスは、 Credere (信頼する)、Creare (創造する)、Crescere(成長する)、Crebere (広がる) と Rex(王) を組み合わせ、 自らの能力に自信を持ち、努力を重ね力強く未来に向かって発展していく様子(企業)を表現しています。

また頭のサンは、3社合併による「3」と、母体会社の名前「太陽」のSUNをかけ合わせています。


インフォメーション

2017/07/03
採用情報を更新しました。
2017/07/01
組織を変更しました。
2017/06/23
代表取締役社長に後藤英之が就任しました。
2016/04/01
組織を変更しました。
「北関東支店」を「茨城支店」に名称変更し大田原技術センタを所管から外し、新たに前橋技術センタと大田原技術センタを所管とする「北関東支店」を開設いたしました。
2015/10/01
前橋技術センタを開設しました。
2015/08/26
5カ所目となる身延町下山のソーラーファーム(SF)が完成し、売電を開始しました。
・2014/08/21 甲府市羽黒町SF売電開始
・2014/08/12 市川三郷町上野SF売電開始
・2014/07/14 河口湖町大石SF1売電開始
・2014/04/28 河口湖町大石SF2売電開始
2015/06/23
代表取締役社長に角田健二郎が就任しました。
2015/04/01
ホームページをリニューアルしました。